膝関節症に対する関節内注射

膝関節症の救急治療を提供するために、関節内注射がよく使用されます。 多くの場合に、関節内注射は患者の状態を本当に軽減できます。 しかし、同時に、必要以上に注射します。 当社の意見では、この誤った傾向について詳しく話したいと思います。

ほとんどの場合には、コルチコステロイドホルモン製剤:ケナログ、ジプロスパン、ヒドロコルチゾン、フロステロン、セレストンが関節に注入されます。

続きを読む膝関節の関節症に対する関節内注射

 

コルチコステロイドは、滑膜炎の痛みと炎症(関節の腫れと浮腫)を素早く効果的に抑えています。治療効果が達成される速度は、コルチコステロイドの注射が医師の間で特別な人気を得ている理由です。しかし、ホルモンの関節内注射が実際の必要がなくても注射され始めたという事実につながりました。例えば、関節症の発達を防ぐために、ホルモンが注入されます。

 

しかし、問題は、関節症をコルチコステロイドは治療できないことです。関節症の発症を防ぐことができません!コルチコステロイドは、関節軟骨の状態を改善しなく、骨組織を強化しなく、正常な血液循環を回復しません。できることは、関節腔の特定の損傷に対する体の炎症反応を減らすことだけです。その理由で、、治療法としてホルモン剤の関節内注射を使用することは無意です。関節症の複雑な治療で使用されるべきです。

しかし、コルチコステロイドの関節内注射が本当に必要な場合でも、いくつかの規則に従わなければなりません。

 

第一に、2週間に1回以上同じ関節に注射しないでください。注射された薬はすぐに効かないので、医師は1014日後に処置の効果を最終的に評価できるようになります。

 

コルチコステロイドの最初の注射は、その後の注射より多くの軽減をもたらします。 そして、最初の関節内注射が結果をもたらさなかった場合に、同じ場所で同じ薬の2回目、又は3回目注射し、可能性は低いです。最初の関節内注射が失敗した場合、薬を変更してください。薬の変更が助けにならなかった場合、注射部位を正確に選択してください。

コルチコステロイドを関節に注入しても、望ましい結果が得られなかった場合は、この関節をホルモン剤で治療しないでください。更に、同じ関節に45回以上ホルモンを注入することは、副作用の可能性が大幅に増加します。

 

関節症を受けた膝関節に、軟骨保護剤(AlflutopArteparone)又は特殊な酵素(Contrikal)を注入する治療がもっと効果的です。その薬はコースで使用されます。 治療中に、1つの関節に315回の酵素、又は軟骨保護剤が注射します。病気の原因に影響を与える能力がある薬の利点:軟骨組織の状態と関節の代謝を改善します。つまり、コルチコステロイドと比較し、軟骨保護剤と酵素は病気の症状を緩和するだけでなく、関節症も治療します。しかし、酵素や軟骨保護剤の関節内注射が医師によって一般的に使用されないのはなぜですか?

 

その薬は患者の5070%しか役に立たちません。使用の効果があるかどうかを予め知ることは不可能です。 更に、ホルモンと比較し、その薬の作用がゆっくり進行しているため、酵素と軟骨保護薬は患者に与える印象が小さくなります。このような状況は、医薬品の商業化の事情において重要です。今日では、迅速な結果が得られた場合だけ、お金を支払わなければならない患者は、お金を使うことが惜しまないということと思います。そして、すべての患者は、回復の保証がなく、高い費用がかかるため、酵素と軟骨保護剤の510回の関節内注射のコースに同意するわけではありません。

 

最近登場したヒアルロン酸製剤(オステニル、シノクロム、スープラシン、デュロラン、ゴーオン、レコシンなど)は、酵素と軟骨保護薬より早く効果を着実に発揮します。

膝に注入されたヒアルロン酸は、関節の自然な「潤滑剤」のように作用します。損傷した軟骨部の表面に、膝の関節表面の滑りを改善する保護フィルムを形成し、軟骨組織を破壊から保護します。更に、ヒアルロン酸は軟骨の奥まで浸透し、柔軟性と弾性を改善します。そのおかげで、関節症で乾燥された軟骨の衝撃吸収特性が回復します。同時に、関節腔に正しく注入されると、実際には副作用がありません。

通常、膝関節症を治療するために、発症された各関節にヒアルロン酸を35回注射します。注射は710日の間隔で行われます。同様のコースが1年に1回されます。膝関節症のグレードIでは、2年間の治療が必要になります。 グレードIIの場合は23年間で、 グレードIIIの場合は34年間です。又は、ヒアルロン酸製剤は非常に高価ですが、その治療は、薬の出現前に手術を受けなければならない患者にとって重要な治療法です。膝関節の手術のコストを考えると、数年間でも、どんな場合でも、膝関節の置換のための手術より、ヒアルロン酸のベースにした医薬品の使用が安くなります。

当社のオンラインストアでは、関節炎の治療を目的としたヒアルロン酸に基づいた医薬品を見つけることができます。世界中の便利な場所への宅配を利用できます。

ウェブサイトでは、「お問い合わせ」セクションにあるフォームに質問を書き、当社に送信できます。すべての質問に答えます。

その記事は、関節炎の最も適切な治療法を探すことに役立つことを願っています。

 

** その資料は、過去10年の間にヨーロッパとアメリカで行われた専門医学研究の分析とさまざまな国の医療機関に蓄積された統計情報に基づき、Pegasus-Pharmaのチームによって作成されました。 無断複写・転載を禁じます。 転載する場合に、当社のウェブサイトへのリンクが必須です。

コルチコステロイドは、滑膜炎の痛みと炎症(関節の腫れと浮腫)を素早く効果的に抑えています。治療効果が達成される速度は、コルチコステロイドの注射が医師の間で特別な人気を得ている理由です。しかし、ホルモンの関節内注射が実際の必要がなくても注射され始めたという事実につながりました。例えば、関節症の発達を防ぐために、ホルモンが注入されます。

 

しかし、問題は、関節症をコルチコステロイドは治療できないことです。関節症の発症を防ぐことができません!コルチコステロイドは、関節軟骨の状態を改善しなく、骨組織を強化しなく、正常な血液循環を回復しません。できることは、関節腔の特定の損傷に対する体の炎症反応を減らすことだけです。その理由で、、治療法としてホルモン剤の関節内注射を使用することは無意です。関節症の複雑な治療で使用されるべきです。

しかし、コルチコステロイドの関節内注射が本当に必要な場合でも、いくつかの規則に従わなければなりません。

 

第一に、2週間に1回以上同じ関節に注射しないでください。注射された薬はすぐに効かないので、医師は1014日後に処置の効果を最終的に評価できるようになります。

 

コルチコステロイドの最初の注射は、その後の注射より多くの軽減をもたらします。 そして、最初の関節内注射が結果をもたらさなかった場合に、同じ場所で同じ薬の2回目、又は3回目注射し、可能性は低いです。最初の関節内注射が失敗した場合、薬を変更してください。薬の変更が助けにならなかった場合、注射部位を正確に選択してください。

コルチコステロイドを関節に注入しても、望ましい結果が得られなかった場合は、この関節をホルモン剤で治療しないでください。更に、同じ関節に45回以上ホルモンを注入することは、副作用の可能性が大幅に増加します。

 

関節症を受けた膝関節に、軟骨保護剤(AlflutopArteparone)又は特殊な酵素(Contrikal)を注入する治療がもっと効果的です。その薬はコースで使用されます。 治療中に、1つの関節に315回の酵素、又は軟骨保護剤が注射します。病気の原因に影響を与える能力がある薬の利点:軟骨組織の状態と関節の代謝を改善します。つまり、コルチコステロイドと比較し、軟骨保護剤と酵素は病気の症状を緩和するだけでなく、関節症も治療します。しかし、酵素や軟骨保護剤の関節内注射が医師によって一般的に使用されないのはなぜですか?

 

その薬は患者の5070%しか役に立たちません。使用の効果があるかどうかを予め知ることは不可能です。 更に、ホルモンと比較し、その薬の作用がゆっくり進行しているため、酵素と軟骨保護薬は患者に与える印象が小さくなります。このような状況は、医薬品の商業化の事情において重要です。今日では、迅速な結果が得られた場合だけ、お金を支払わなければならない患者は、お金を使うことが惜しまないということと思います。そして、すべての患者は、回復の保証がなく、高い費用がかかるため、酵素と軟骨保護剤の510回の関節内注射のコースに同意するわけではありません。

ログインはこちら

We ship Worldwide
PayPal Logo