半月板を治療する新しい方法

イギリスにある病院の外科医は、関節炎の発症を防ぎ、スポーツキャリアを伸ばすことを期待している新しい治療法の先駆者です。

ABICUS(サウサンプトン大学病院の自家骨髄細胞移植)という処置では、患者の股関節から採取され、ゲル、酸、外科用接着剤と混合された幹細胞で損傷した軟骨が覆われます。

30分間の処置の時、幹細胞の集中量を作成するために、骨髄サンプルを手術室の遠心分離機に入れます。 次に、細胞を血小板ゲル、接着剤、ヒアルロン酸と混合し、軟骨欠損部に適用され、固化する時間がかかる物質を作成します。

現在、微小骨折は膝の怪我で一般的に使用されています。 関節鏡視下手術による損傷組織の除去と損傷下の骨への穴を開け、半月板の代替として機能している瘢痕組織の形成と出血を刺激します。

ABICUS手術を受けた患者は、軟骨を切開し、微小骨折の手術も受けますが、残りの組織は幹細胞物質で治療されます。

サウサンプトン病院の整形外科医で、研究主任のゴラブ・ドゥッタは「この方法の開発と私たちの研究は、独自の軟骨代替物を作成することにより、一般的な軟骨損傷の治療に革命をもたらすことができます。」と言いました。

イギリスでは、年間約1万人が非常に深刻な軟骨損傷に苦しんでいます。 患者は、痛み、こわばり、運動不足に苦しんでいます。 治療せずに病気は関節炎に進行し、脚の動きを損なう可能性があります。

ソース:http://ryortho.com

ログインはこちら

We ship Worldwide
PayPal Logo